無料ブログはココログ

« 10月の羊毛フェルト教室 | トップページ | ◆お福さん »

2016年10月 7日 (金)

やれなかった やらなかった どっちかな

「やれなかった やらなかった どっちかな」

相田みつをさんの言葉です。
10年前ぐらいに出会ってからよく心の中に浮かびます。

やりたかったことなのに、忙しかったから、タイミングじゃなかったから、自分に合わないんじゃないかとおもったから…だから「やれなかった」。

この言葉に出会って、今までやりたかったことをやってこなかったことを何かのせいにしていたと気づかされて目からウロコでした‼

そうか、私「やれなかった」ではなく「やらなかった」んだ‼
だって本当に本当にやりたいことなら忙しくてもタイミングじゃなくても自分に合わないかもって思っても、時間作って何が何でもやってたはずだから。

自分に言い訳して自分を騙して、騙してることにも気づかないふりして過ごしてきた私。
やりたい事だったのにいろんな理由つけて出来なかったことにしてた。
本当は私がやらなかっただけのことなのに。
なにかのせいではない。
すべて私が選んできた道。

そう気づいたとき、やりたい事には言い訳せずに向かっていかないと後悔するって思いました。
自分に言い訳してちゃいけない。

人生はいつ終わるかわからないし、その時あれやっときゃよかった…って思っても遅いから‼

とは言え、もともと自分に言い訳してしまう派の私が何事にもそんな風には動けないけど、でもその言葉がいつも頭をよぎり語りかけます。
そうすると私自身とちょっと向き合って考えることができます。それがまずは第一歩。

「やれなかったの やらなかったの どっちかな」

« 10月の羊毛フェルト教室 | トップページ | ◆お福さん »

心に残る言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1578033/67834891

この記事へのトラックバック一覧です: やれなかった やらなかった どっちかな:

« 10月の羊毛フェルト教室 | トップページ | ◆お福さん »