無料ブログはココログ

« 2014年12月21日 - 2014年12月27日 | トップページ | 2015年1月11日 - 2015年1月17日 »

2014年12月28日 - 2015年1月3日

2015年1月 2日 (金)

楽しかった(*^▽^*)

道中通行止めやまたまた吹雪になってきたりしながら、サービスエリアで休憩したり、車内ビデオで釣りバカ日誌を鑑賞したり、寝不足解消したり、ご当地おやつを買い食いしたりしながら、結局9時間程で名古屋から明石まで帰ってこれました。

9時間っていうと長い感じはするけど、私は予想以上に早く帰ってこれて拍子抜けするぐらいでした。
ちょうど予定通り伊勢神宮に初詣行って帰ってきたぐらいの解散時間でした。
そう思うと無理して伊勢神宮に行ってたら何時に解散できてたんだろうと思うので、この選択は正しかった(^^)

バスの中ではゆっくりできたし、途中で色々なサービスエリアに寄ったので退屈しなかったし、全然苦にならなかったし♪


一旦自宅へ戻り荷物を置いた後、9人でくら寿司へ。
北海道の魚介類を思いながら、くら寿司も美味しくいただきました(*^▽^*)

淡路チームの妹家族とお母さんは淡路へ、私たちも帰宅しました。

最終日はこれといって何もしなかったけど、みんなで旅してるってだけで楽しかったです。

これから子どもたちが大きくなってくるとなかなか揃って旅行できる機会もなくなってくるから、今回みんなで行けて本当に良かったってお母さん。
一緒に旅行する機会が減ってくるんやなぁ~と、そう思うと何か寂しいな。それが成長なんかもしれないけど、、、でもまた行こうね!
こんなにたくさんの楽しい思い出できたこと、子どもたち覚えておいてね!反抗期に入っても 忘れないでよ!

お父さん、お父さんも一緒に行きたかったね。
ホント早くに死んじゃうとお楽しみが減っちゃうよ!子どもたちの劇も見てほしかったよ。
え?船旅は遠慮したい?(笑)

それともちゃんと付いてきてたかな(*^^*)劇も見てくれたかな?
これからもお母さんや子どもたちのこと見守っててよ(^^)b

お母さん、みんな、ありがとねーheart04

初めてのトラブル発生!!

旅は家に帰るまでが旅です。

これまですごく順調にきていた今回の旅ですが、今日最終日にして初トラブル発生です。

なんと、北海道を出港した時、苫小牧でさえ見なかった雪が名古屋港に降り積もっているではないですか!!
20150124_090714

そう、あの爆弾低気圧が本州を襲っていたのです!!

今日の行程はこれからバスに乗り伊勢神宮に初詣だったのですが、雪の影響で高速道路が通行止めにやっていて、向かうことが難しいとのこと。
昨日伊勢神宮に初詣を結構したツアーは解散時間が19:00のところなんと翌朝5:00だったそうで、会社としては伊勢神宮に向かわず帰途についたほうが良いとの判断だそうです。

こんな話聞いても伊勢神宮に行きたい!!なんていう人はもちろんなく、名古屋駅から在来線や新幹線で帰った方が確実だし早いとの説明もあり、弟家族は新幹線で帰ることを選びました。

突然の13人での旅の終わりにちょっと残念だったけど、子どもたちが楽しみにしていたフェリーも雪も満喫できた後だったので良かった(^^)
弟家族は初新幹線を駅弁とともに堪能したそうで、これはこれで楽しかったよね♪

ま、旅にトラブルは付き物で、そのトラブルのおかげでかえって思い出が深まったりするものです( ´∀`)

残り9人はバスツアー続行。
車内はグンと人数が減りなんだか乗客同士アットホームな感じさえ漂っていい感じ。これから何時間もかかっての帰路だもんね。

最終日とあいなりました

5泊6日、初めての船旅、初めての冬の北海道、初めての13人丸ごとの旅もいよいよ最終日となりました。

もうすぐフェリーは名古屋港に入港です。

20150102_132907

船旅は飛行機や新幹線、マイカーと違って、とてもゆっくりできるものでした( ´∀`)
なにせ船が大きいから子どもたちも動き回れるし、海の上なので何かしなきゃいけないみたいな強迫観念からも解放され、たっぷりある時間をのんびり何をしなきゃいけないわけでもなく過ごすことかできました(*´∀`)♪
日々日常の時間に追われる大人にとってはかなりの休息になりました♪

飛行機でちゃちゃっと北海道に行ってたら、現地でもっと雪遊びできる時間ができただろうけど、こんなにゆっくりはできなかったし、子どもたちも劇考えたりして遊べなかったもんね。船ならではの良かった点だよ♪♪

そしていよいよ名古屋港。
Dsc_0479

この橋の下をくぐって港に入るそうです。
超ギリギリ(゜ロ゜;ノ)ノ

いよいよ最終夜

フェリーの旅もいよいよ最終夜となりました。
今夜はみんなでレストランバイキングディナーへ。

ものすごい種類が多いわけではないけど、船の上でのんびりバイキングもいいなあΨ( ̄∇ ̄)Ψ
20150124_090313

お母さんも二日酔いから復活し、たんまりご飯をチョイス♪
取ってきたけどやっぱり食べられへん~とか言いながらも、まあまあ食べられてました( ´∀`)


今夜は日本列島に爆弾低気圧がやってくるそうで、船はこの旅最大に揺れるのではないかと予想されています。船内放送でも波の高さの放送があり揺れるかもと言ってました。

が、みんな寝静まった深夜に波が高かったようで、船が波に切って入るような、ぶつかってバーンというような衝撃や揺れがありましたが、旅も終盤なので子どもたちは全く気づきもせず爆睡。大人たちも揺れてるな~程度で酔うこともなく眠気が勝っていて難なく朝を迎えました( ☆∀☆)

20150110_191949

朝はすっかり波も穏やかになり快適運航。
10:30に名古屋港に入港し、いよいよ下船です。


★自由に着用して写真を撮れるサービス
20150110_191756

★2泊お世話になったクルーのボス
20150124_090931

2015年1月 1日 (木)

船上パーティー2

パーティーは小樽のルタオで購入したドゥーブルフロマージュとショコラフロマージュ、六花亭のシュークリームでティーパーティー。

おお母さんはお風呂にも入ってきて随分復活を成し遂げることができました☆

司会進行も子どもたち。
乾杯の音頭は日頃飲み仲間に抜擢され、酔っぱらったときは最後まで面倒をみてくれる頼れる存在の妹の婿だいだい(笑)
そして、私の家族対抗やっつけ北海道クイズで盛り上がった?あと、いよいよ子どもたちの劇が始まります(*≧∀≦*)

「さらわれたお姫様」
20150110_191906

前座は最年少ともかがかわいい姿を披露してくれました♪
保育所育ちはネタの多さが違います!どんどんネタが出るわ出るわ( ´∀`)さすがすぎます!

劇の方はゴタゴタでしたが、短時間であれだけできたら素晴らしい☆☆☆
結局オチは敵も味方もみんな死んじゃうビックリの内容だったけど何ちゅうか、小学生らしかったです(笑)

広い部屋を貸しきれたことで本当にのんびり楽しく過ごせました。
この子どもたちみんなでつくりあげた劇は本当に子どもたちの心に残ったようで、後日冬休みの宿題の絵日記にこの劇を選んでました!
雪遊びでもなく(笑)
やっぱり人は人の中で育つんだな~。人となにかを作り上げることは色々なこと学ばせてくれるし、どんなすごい体験より心に残ったりするんだよね♪

これからみんな大きくなるとこうやって一緒に何かする機会ってどんどん少なくなっていくけど、今回こうして一緒に過ごすことができて良かったな~って思います(*´ー`*)

船上パーティー1

今日は丸一日船の中で過ごす日。
どんなに揺れるんだろうかと覚悟していた船旅だったけど今日も快適♪
冬の日本海も大平洋も嘘のように穏やかで船酔いとは縁遠い感じで拍子抜けするけど、お天気のタイミングがあるから本当にラッキーだったな( ´∀`)

船内トイレには船ならではのこんなものが↓
20150123_223653

ほら、やっぱりホントは揺れるんだよー、ラッキーだったんだよーー!


一日船の上では子どもたちも退屈するだろうと思っていたけど、昨夜から5年生~4才の6人の子どもたちは劇を製作し出したおかげで全く退屈せず!
ストーリーは完全オリジナルで5年生女子のほのちゃんと2年生男子のあつしがメインで考えました(☆o☆)
20150102_133053

途中で頑張って考えてるのに文句言われたり協力してくれなかったりして、ほのちゃんが泣いちゃって劇ももう考えられないっていう状況になったり、子どもたちの中に色々な問題も発生しました。
でも、やってみたい!!
その気持ちはみんな持ってました。
話し合って、知らず知らずのうちに中心で考えてくれてたほのちゃんだけに負担がかかっていたことや 、みんな同じように劇をやりたいと思っていることがわかって、もう一度仕切り直し。
シナリオを作り直しました。

そして、その劇はこの旅行を計画してくれたおばあちゃんに感謝の気持ちを込めたパーティーを開いて、その中で見てもらうことにしました。

パーティーは3:00から。それまでに頑張って練習。
おばあちゃんの二日酔いもなんとかその頃にはマシになっていることでしょう!

明けましておめでとうございます(*^▽^*)

このツアーで楽しみにしていた一つが水平線から昇る初日の出を見ること!

日の出時刻は6:56だったけど、水平線に雲がかかり日の出は7:10頃だったかな。
水平線じゃなく雲から顔を出した初日の出だったけど、とてもキレイでパワーに溢れてました(*≧∀≦*)
Dsc_0450

今年の私の抱負は、「聴く」と「チャレンジ」!
人の話を聞くことがちょいと苦手なので「聞く」よりもっと注意を傾けてしっかり聞くということで「聴く」。
「チャレンジ」は及び腰や物怖じ、引っ込み思案な私を乗り越えて、自分のやってみたいことにちゃんと自分を試せるように何事も楽しんで挑戦したいってことで「チャレンジ」。
40目前にして自分探し中の今年の一年を大切に過ごしたいと思います☆

いよいよ北海道とお別れ。
どんなに寒いんだろうと、たくさんのカイロや防寒服を持ってきてたけど、お天気も良くて室内や駅や地下はホントに暖かかったおかげで、全く寒い思いをせず北海道を離れることになりました!!
いや~、寒がりのせいかちょっと警戒しすぎていらぬ荷物をいっぱい持っていっちゃった感じでした(^_^;)

復路は苫小牧港から太平フェリー「きたかみ」乗船です。1986年のデビューらしく往路の新日本海フェリー「すずらん」よりかなり年季入ってます。

乗船タラップが階段になっていて重い荷物を持ち上げるのがものすごく大変でした。あんなんじゃお年寄りや体の不自由な方はかなり厳しいんだろうな…と思いました。

私たちは13人の団体だったため18人部屋を貸しきりにしてくれました( ´∀`)

ちゃっと「千と千尋の神隠し」を彷彿させる湯屋っぽい客室前廊下と私たちの客室入口。
Dsc_0435

この部屋だけ旅館ぽい作り!
Dsc_0434

広~い貸し切り和室で子どもたちも嬉しいし気がねなくのんびり過ごせました( ´∀`)Dsc_0433

船内では年越しイベントが開催されています。
母は添乗員さんも巻き込んで楽しい飲み会。あ、これは勝手にやってるんだけど(笑)
年越しそばの販売やコンサート。
息子は一人大好きな映画鑑賞で年越し(笑)映画館ではスパイターマンを日付が変わる時間まで上映してました。

映画館で寝ちゃってないか様子を見に行ったらちゃんと起きて字幕のスパイターマンを最前列で観てた小5の息子。うーん、やるなあ( ̄∇ ̄*)

日付変わって映画見終わった息子と新年の挨拶を交わしコンサート会場を覗きに行ったら大盛り上がり!!
歌手も乗客も舞台に上がり手をつないで歌い踊っているではないですか☆☆
コーヒールンバって曲だったかな?をつないで踊ってるのは…なんだかマイムマイムみたいな躍りだけどものすごく楽しそうでした( ´∀`)みんな一体となって新年の幕開けを祝っていました。

船の旅はなんだかのんびり温かく楽しいものだなと思いました。

楽しいお酒をかなり飲んだ母はかなり酔っ払って部屋になだれ込んでバタンキュー。さて、トイレに駆け込むのはいつかな…。こんな時は誰もが想定内の展開(笑)

父が亡くなり秋には三回忌を無事済ませることができたみんなへの感謝の旅行だと言って誘ってくれた今回の旅。
父の病気がわかってからこんなに楽しいお酒に飲まれることはなかったもんね、思いきり飲んで思いきり喋って笑ってできて良かった!!
お父さんも安心して笑ってるよ(⌒ー⌒)


A HappyNew Year 2015

2014年12月31日 (水)

小樽観光

海鮮丼食べたあとは小樽観光へバス移動。

小樽へ着くと札幌よりたくさん雪が積もっていて、しかもお天気が悪くて雪も降ってる。
同じ北海道でもずいぶん違うんだなあ。

小樽運河をバックにツアー集合写真を撮るそうで撮影ポイントに集合。
するとそこには、中国の人人人。日本人より中国人の方が多い!ここもまたインターナショナル!!

集合写真が珍しいのか集団でしっかりカメラ目線で運河の前に陣取る中国の方。
写真に入っちゃうのに、、日本人なら空気読んでそそくさ場所をあけそうだけど、そういう感覚はないのかな、それとも集合写真文化がないからよくわからないのかな。

小樽のお土産観光スポットへ移動して、目的の六花亭へ。
お目当てのシフォンケーキは取り扱いがなくガックリ。
それでも、持ち帰りやすくて美味しそうなお菓子物色。

北一ガラスのお店も素敵なガラス製品がいっぱい。
ランプが欲しかったけど我が家ではあまり需要ないかな…と断念。

子どもたちが暇がったので、男子チームはなぜか戦国武将のお店へ。あんまり小樽と関係ないけどけっこう大きな武将グッズが取り揃えられてたみたい。
そして、女子チームはぬいぐるみが欲しいってことで「からくり動物園」というお店へ。

このお店、6年前ぐらいに小樽に来たときとは違う場所になってたんじゃないかなあ…探しましたよー。
オルゴール堂のお隣にありました。
からくり動物園前の横断歩道は雪で山になっていて路面が凍っていたから、大人も子どもも老若男女スッテンコロリンスポット。
何人も転んでる人を見ました(^_^;)


無事からくり動物園にたどり着き女子チーム思い思いのぬいぐるみgetしました♪
20150110_191700


そして帰りにルタオのドゥーブルフロマージュ買いました!
このあと苫小牧港から太平洋フェリーに乗船して復路につくので、船の中で食べようっと♪

極上うにトロ丼

今日は札幌中央卸売市場場外市場なるところへ昼食を兼ねて観光。
道路の両サイドには魚屋さんが並んでいて、今の時期はとにかくカニカニカニ!
タラバガニ、ハナサキガニ…店頭はカニの赤い色でいっぱい。


昼食は海鮮丼。
昼時満席のため2グループに分かれて席につきました。
親と離れた我が長男。大好きな海鮮丼で心の思い出作りました!
ここぞとばかりに極上ウニトロ丼注文(@ ̄□ ̄@;)!!
ずばり3800円!!!!!!!!!!!

20150110_191623
トロにめっちゃ脂がのっててウニがめっちゃ柔らかかった~(σ*´∀`)
食べたーって感じするーーっ!!って超ご満悦(#^.^#)

それもそのはず。
母とおばあちゃんが頼んだカニ鮭イクラ丼二つ分より高額ですから!

Dsc_0429

長男よ、いい思い出できて良かったね~( ̄∇ ̄)ノ

インターナショナル北海道☆

昨夜ホテルへ帰ってきたら新規の団体客がロビーにいっぱい!!
日本人…じゃないなあ…。
ホワイトボードに書いてる文字を見たら、タイだ!!
明日はスキーに行くらしい(英語で何となくそう書いてた)。
あたたかいタイに住む人にとって雪は私たち以上にテンション上がるものなんだろうな~と想像( ´∀`)

朝ごはんのバイキング会場はまさにインターナショナル!!
タイの人だけではなく中国の人たちもいるみたい。すごいな~☆みなさん、日本に来てどう?楽しんでる~?

私一人で乗ったエレベーターにどこかの国の男性が乗ってきた。「何階ですか?」さらっと英語で尋ねてみた。
いや、訪ねたかった!でもそんな簡単な英語でさえ出てこない( TДT)
目で「何階ですか?」を訴えてみたら「five」って。しばらく何て言ったの??とfiveさえ聞き取れない私(-_-;)
ちょっと間をおいてポチリと5を押して一安心。

そのあと、またまたタイ人らしい女性3人が乗り込んできたときも目で訴えてボタンをポチリ。お互いに何か話したいなオーラを出しつつ無言…ああ、こんな時英語が少しでも話せたら国際交流できたのに!
来年は英語を習おう…と決心したのでした。

2014年12月30日 (火)

ジンギスカンご馳走さま!

まだまだ雪遊びしたいけど、楽しい時間はあっという間。
子どもたちは名残惜しそうに帰途につきました。

親たちは一緒に雪遊びしてたけど、ずっとロッジから見てたおばあちゃんは疲れたね。子どもたちを楽しませたい一心で雪遊びプランに賛成してくれたおばあちゃん、ご苦労でした、ありがとう!

てなわけで、またまた満員バスに揺られ地下鉄乗ってすすきのへ。

晩ごはんは札幌っていうとジンギスカンでしょ!てことで、スーパードライファンが多いのでアサヒビール園に問い合わすも満席。それではやはりサッポロでしょ!と第二希望のサッポロビール園に問い合わすもこちらも満席(ToT)
そりゃ年末の夕飯時に13人もの当日団体で予約だもんねー。ムリもない…。
しかし、諦められない私。ええい、ダメもとで第三希望のキリンビール園に問い合わせだ!!

すると、奇跡のOK☆☆ヤッター!!
生ラム肉とタレマトン食べ放題&飲み放題コース。

子どもたち人生初のジンギスカン!!
臭みもなく柔らかくてとても食べやすかったですΨ( ̄∇ ̄)Ψ

20150110_191456

いっぱい食べたあとは歩いてホテルへ。
夜のすすきの。超人が多くてネオンギラギラ活気ある街。

マッサンのモデルNIKKAウィスキー。

Dsc_0423_2


今日も楽しかった~( ´∀`)

雪遊び楽しーーい(*≧∀≦*)2

チューブそりに挑戦!
でっかい浮き輪みたいなチューブに乗って丘を下るぞ☆

20150110_123436


チューブを引っ張って丘を上るのは大変そうってことで、チューブのロープをロープリフトにつないで引っ張ってもらっちゃお~っと♪

Dsc_0413


いよいよ滑走(*≧∀≦*)

Dsc_0409


他にもプラスチック製のそりやスキー板みたいなのが1本だけついてるそり、ハンドル付きのそりも体験。
初めての体験ばかりだけどみんなけっこう上手に滑ってたね!
転んでも全然痛くないから思いきって挑戦できるね~☆

雪合戦もしたよ。
雪をギュッと握っても全然固まらないから、表面の固まってる部分をガボッと取ってそのまま投げちゃえ~!!雪まみれになっても濡れないから寒くならない北海道の雪に思いきり楽しめました(*^▽^*)


20150110_123335

雪遊び楽しーーい(*≧∀≦*)

ホテルから地下鉄すすきの駅まで沿道の雪山にはしゃぎまくってなかなか駅まで辿り着かなかったけど
ようやく地下鉄すすきのー。
終点の真駒内まで行きます。
Dsc_0394

真駒内駅。ここからバス。
Dsc_0395

バス待ちの間ももちろん雪山。
Dsc_0396

雪を見たらどうしても戯れたい子どもたち(笑)
そうだよねー。こんなにいっぱい見たことないもんね~( ´∀`)

すずらん丘陵公園行きの路線バスは超満員。ほぼみんな同じくすずらん丘陵公園行き。
ここできづいたんだけど、乗ってる人の半数は外国人だ!
見た目は日本人とそれほど違いないアジアの人たち!北海道は外国人の観光客が多いと聞いてたけどホントに多い!

公園について下車する際、運転手さんが運賃を受けとるのが大変そう。
運賃がいくらやら両替やらお釣りやら、アジアからのお客さんは何語を話すかわからないから日本語で対応するもなんとなくちゃんと伝わってる感じ!
そして降りていく一人一人に「サンキュー」って。もちろん日本人には「ありがとうございます」って、インターナショナルな運転手さんの手さばきに感嘆しました(*^▽^*)

そしてそして、いよいよ着きましたよ~すずらん丘陵公園☆
もちろんバスを降りた瞬間ダイブ!雪には飛び込まずにはいられない♪
雪は踏むとギュッギュッと音がして片栗粉みたい。

Dsc_0403


札幌来たよー!

昨夜苫小牧港はまったく雪がなかったけど札幌は雪雪雪♪
ホテルには21:30頃着いたけど、雪を見た子どもたちのテンションMAーーX!!

そりゃそうだよねー。
道の端っこに積み上げられた雪山たち。バスの車窓から見ただけで私も嬉しくなっちゃったよ。

今日は地下鉄とバスを乗り継いで「国営すずらん丘陵公園」に雪遊びに出かけます!
チューブそりやプラスチックそりなど無料貸出ししてくれて、思いきり雪と戯れられそうで楽しみ♪

ホテルを出発したら道に雪山。見るとどうしても触りたい遊びたい子どもたち。
なかなか駅まで辿り着かない(笑)

20150102_132126

2014年12月29日 (月)

穏やか日本海!!

昨夜は遅くに乗船し、お風呂にも入って寝たけど、朝から元気な子どもたち。
今日は19:00苫小牧港到着まで船で過ごします。

冬の日本海は荒れると覚悟して酔い止め持参で乗船したけど…穏やか!!
酔いやすい私だけど薬飲まずに過ごせてます(*^▽^*)

船内ではビンゴゲーム大会も開催してくれてます。
一等は船内で使えるお買い物券2000円分です。

20150102_131807

私たちのグループは13人もいて誰も当たらなかったけど楽しかった♪

途中、すずらんの双子姉妹船すいせんとすれ違いました(*^▽^)/★*☆♪

船内にはミニシアターがあって「ワンピースZ」が上映されてて子どもたちは観賞。
大人はのんびり海を眺めつつおやつをポリポリ(笑)
揺れの少ない船旅は超快適です♪

新日本海フェリー

予定通り19:00にバスに乗り込み完了!
雨が降っていて待ち合わせの場所では待ちにくかったけど、取りあえずファミリーマート寄ったりして雨宿り。

順調に敦賀港到着。
2012年から運航している「すずらん」に乗ります。


着岸中の船はものすごく大きくて子どもたちテンションアップ!!
23:20頃到着したけど乗船こみあっていてので23:40乗船となりました。
し新日本海フェリーは乗船チケットがあって下船時半券を渡さないといけないみたい。失わないようにせねば…(´-ω-`)

船のロビー。まるでホテル!
20141229_162909


部屋はツーリストA というクラスのお部屋だけど、等級的には一番下のお部屋。
すずらんは客室が全てベッドでちょうど寝台電車みたいな感じ。
でも一階と二階は隣同士のエリアになっていています。
秘密基地みたいで子どもたち楽しそうです♪

20141229_162541


20150102_132255


午前1:00の出航です。
それまでに大展望風呂に行ってきました。
半露天風呂もあって気持ち良かった~!
シャワーの水圧もお湯の温度も良かったです。備え付けのリンスインシャンプーとボディーソープあり。

20141229_162930


2014年12月28日 (日)

大荷物だホイ!

まだまだと思っていた旅行。いよいよ本日出発です!

スキーウェアを昨日宅急便で送ろうとしたけど、寒波のため明日予定通り到着するかわからないということで、手持ちで頑張ることに。

衣類圧縮袋でカチカチにしてスーツケースへ詰め込んで、家族5人分でスーツケース2つと超でっかいリュックにパンパン詰めで背負ったらひっくり返りそう( ̄□ ̄;)!!
合計3つの大荷物となりました。

20141228_200904


夜出発だし昼からあいにくの雨だけど、楽しみで朝からウキウキの子どもたち。

« 2014年12月21日 - 2014年12月27日 | トップページ | 2015年1月11日 - 2015年1月17日 »